9月9日は「救急の日」〜救急車を呼ぶ時のポイント〜野田市保健だより

野田市立保育所・保育課「9月保健だより」より

 

まだまだ残暑は続きますが、それでも朝晩は涼しくなり、
虫の音など秋の気配を感じるようになってきましたね。

さて、毎年9月9日は「救急の日」だそうです。
この日を含む1週間を「救急医療週間」としています。

 

〜救急車を呼ぶ時のポイント〜

大けがをしたり呼吸困難・意識障害など、緊急を要する場合 

 

1.まず「119番」あわてず、はっきり情報を通報する

2.「火事ですか?救急ですか?」と聞かれるので「救急です」と言う

3.状態を聞かれるので、見たままの状態を簡潔に伝える

4.電話をしている本人の名前と電話番号を伝える

5.サイレンが聞こえたら、近くに案内人を出し誘導する

 ●救急隊員には、救急車を呼んだ時から到着するまでの容態の変化を伝える

 ●応急手当をした場合は、その内容を伝える

 ●持病がある場合は、その病名・かかりつけの病院などを知らせる

6.救急車には、内容の分かる人が同乗する

7.保険証・小銭・最低限必要なもの(タオル・ティッシュ、おむつ等)