夏に多い「あせも」「とびひ」について「野田市立保育所・保健だより」

8月保健だより:野田市保育所・保育課

「あせも」

汗の出口がふさがれて炎症がおこったもので、ひたいや首のまわり、
ひじ、脇の下、膝のうら、胸、背中などの汗の出やすいところに多くみられます。
かゆみがあり、ひどくなると汗でヒリヒリします。

汗を皮膚に残さないようにこまめに拭き、シャワーや行水で汗を流すとともに風通しのよい環境を作ったり、汗で汚れた衣類を替えるなど、清潔と乾燥をこころがけましょう。 

「とびひ」

伝染力が強い皮膚病で、その名の通り、からだのあちこちに飛び火するので、早めに治療しましょう。

擦り傷や虫さされ、あせも、湿疹などに菌が入り込んで水ぶくれができます。
これを掻き壊した手で、他の場所を掻くとそこにまた水ぶくれが「とびひ」します。

 

【治療】
1、飲み薬…抗菌剤を医師に処方された通りに最後まで飲んでください。

2、ぬり薬…抗菌薬の入った軟膏をぬります(1日数回)

 

【家庭で気をつけること】
1、お風呂…シャワーで、石けんを使って体の汚れを洗い流し、そのあと軟膏をぬってください

2、手を洗う…爪は短く切り、毎日しっかり石けんで手を洗いましょう。

3、プール…とびひが治るまではプールには入らないようにしましょう。

4、タオルは個別で使いましょう