隣地境界ブロックの施工について 「お隣のお家との仕切りをする境界ブロック工事」

*隣地境界ブロックの施工について*

 

「お隣のお家」との仕切りをする「境界ブロック工事」

一般的には、リーズナブルなブロックとフェンスを使って境界を仕切ります。
しかし、その際にお隣様と色々な意見の相違が出てくることが多々あります。

 

例えば、
・ブロックの種類
・ブロックの高さ
・ブロックの色
・方角による必要性

上記のような問題に合わせて、「根本的な必要性」の考え方の違いもあります。

例えば、
「境界がはっきりわかれば良いのだから、ブロック1段でいいのじゃないか」

「どうしても!こだわりがあって、ブロックの色やデザインは譲れない」

「お隣は北側で、こちらは南側リビングの前ということもあり、

プライベートスペースを確保したいので、ブロックを高くしたい」

 などと、考え方は三者三様です。

 

更に、状況により、対応が異なります

 既に、お隣さんで境界(内側で)ブロックを積んでいる

 境界ブロックが積んでいない為、お隣さんとの話し合いが必要

 

* Aの場合でも、下記の通り2パターンあります

1 土の高さが変わらない場合は、コンクリートがあたらないように外構デザインを配慮する

 土の高さが高い場合は、既存のブロックに合わせてブロックを積む必要がある

 

* Bの場合でも、下記の通りパターンあります

1 お隣さんと、話し合いの上〜境界の真ん中に、費用を折半でブロックを積む

2 お隣さんで境界ブロックが必要ないという場合→境界の内側でブロックを積む

 

上記の通り、現場の状況・お隣さんとの話し合いにより、様々なケースがあります。

そこで、専門業者である私共が「専門的な視点」からアドバイスさせて頂きます。
お互いが気持よく話し合いをする・お互いの要望を聞き、方法を考えます。
お隣様とは「一生のお付き合い」どんなことでも、お気軽にご相談ください!!