LIXIL スタイルシェード! 〜リビング・お庭にリフォームに〜 オーニング

 お庭の光をリビングと一体に…。

 開放感いっぱいの居心地のいい空間を…。

 

 LIXILのウッドデッキやスタイルシェードで

 外と室内をゆるやかにつなげる。

 

14010203.JPG

14010201.JPG

 

 いつでも自然が身近に感じられる幸せ。

 きれいな景色をみながら、ぼーっとできる幸せ。

 光に包まれながら、家族とのんびりする幸せ。

 青空の下で、友達とワイワイする幸せ。

 

 「つながる、ひろがる、リビング」は、何気ない日常に、

 ちょっとした幸せをもたらす、最高の舞台になります。

               

           LIXIL 〜Link to Good Living〜

LIXIL〜環境配慮設計への取り組み〜 野田市のエクステリア専門業者

LIXIL〜環境配慮設計への取り組み〜

img_eco_products_02.gif

LIXILでは、DfEの考え方に基づく独自の環境配慮設計評価を実施し、環境に関わる法令の順守に加え、「つくる」、「つかう」、「もどす」の3つのステージで商品が環境に与える負荷を可能な限り低減する商品開発を進めています。
高い環境性能を有するエコ商品は、カタログなどで「エコ訴求マーク」を表示し、その特長をお客さまにお伝えしていきます。

 

環境配慮設計評価の公的基準および自社基準を満たす商品には、「エコ訴求マーク」を表示しています。

・公的基準適合マーク
法律や事業者団体による基準、第三者認証を満たす商品に表記するマークです。

FireShot Capture 64 - LIXIL ビジネス情報|法規法令・各種制度|法令・制度関連|環境配慮設計・_ - http___www.biz-lixil.com_service_l.png

・自社基準適合マーク
自社が定めた商品の一生の「つくる」「つかう」「もどす」の段階で、環境への負荷を低減する評価基準を満たす商品に表記するマークです。

FireShot Capture 65 - LIXIL ビジネス情報|法規法令・各種制度|法令・制度関連|環境配慮設計・_ - http___www.biz-lixil.com_service_l.png

 

憧れのウッドデッキで知っておきたい違い!「天然木」と「人工木」…そして「タイルデッキ」 LIXIL 野田市のエクステリア専門

家族のくつろぎの時間、遊びの時間をつくり出すウッドデッキ

アウトドアリビングとして家族でブランチやバーベキューをしたり、子どもたちの遊ぶ場所にしたり。それだけでなく、収納庫を設け空間を有効活用するなど、ウッドデッキにはたくさんの可能性があります。室内の床とほぼ同じ高さに取り付けられるので、庭へ気軽に出て自然を身近に感じられます。おまけに部屋が広く感じられるようになる効果もあります。

 

お家の内と外をゆるやかにつなぐ「ウッドデッキ」がますます人気になっています。

もうひとつのリビングとして、また洗濯物干し場などの実用を兼ねられる場所としても、ウッドデッキは日々の暮らしの中で幅広い活用が期待できます。
これからつくりたいと思っている方に、ウッドデッキの素材比較だけでなく、最近注目の集まる「タイルデッキ」をご紹介!

related_09.jpg

 ◆樹ら楽ステージ

related_08.jpg

 ◆樹ら楽ステージ 木調

related_11.jpg

 ◆タイルデッキ

related_01.jpg

 ◆エクシオール ジーマ

 

ポイント1 「お手入れ」で考えるウッドデッキ素材

ウッドデッキの素材には、天然木と人工木の2種類があります。ウッドデッキを設置した後に気になるのは、メンテナンスのことではないでしょうか。天然木で、特にソフトウッド(※)を使う場合は、風合いをキープし、ウッドデッキ自体を長持ちさせるためにメンテナンスが必要になります。人工木の素材はほぼ不要です。

※ソフトウッド・・・比較的柔らかい針葉樹を主としたウッド素材を指します。一方で硬い素材としては広葉樹を使用したハードウッド素材が通例です。

 

ポイント2 「取付け・耐久性」で考えるウッドデッキ素材

お庭づくりをDIYで実現したいという方もいらっしゃるかもしれません。天然木のソフトウッドは加工しやすくDIY向きですが、天然木のハードウッドや人工木はプロに施工をお任せするのがおすすめです。

 

ポイント3 「快適性・安全性」で考えるウッドデッキ素材

子どもが小さいから人工木を……など家族構成や用途によって必要な素材が変わるかもしれません。また天然木・人工木ならではのそれぞれの快適性や注意すべき点もあるので、ご家庭のライフスタイルに合わせて素材を選びましょう。

 

※上記はこちらのページより抜粋 もっと詳しく⇒LIXILのページへ

LIXIL:リクシルの商品を取り扱っています!エクステリア専門業者KSガーデン

コマーシャル!「LIXIL(リクシル)って知ってる?」でお馴染みの住宅用建材のメーカーです!

 

LIXILグループは、戸建住宅・マンションからオフィス・商業施設などの非住宅向けまで、多岐にわたる建材・設備機器と幅広い住関連サービスを提供するグローバル企業です。窓、玄関ドア、エクステリア、タイルなどの内外装建材、トイレ、浴室、システムキッチンなどの水まわり設備、ファブリックなどのインテリア商品、そして大規模ビル向けのカーテンウォールに至るまで、業界随一の豊富な商品・サービスを展開しています。グローバルなネットワークと長年培ってきた知見・ノウハウを生かし、社会・環境に配慮しながら、美しいデザインと長きにわたり信頼されている質の高い商品を提供しています。(ホームページより抜粋)

LIXIL企業ホームページ→ http://www.lixil.com/jp/

 

◆門まわり

img_top_01_08.jpg

◆カースペース

img_top_01_09.jpg

◆ガーデンスペース

img_top_01_10.jpg


商品ラインアップ!詳しくは LIXILのページへ






LIXIL東京エクスエリアショールームに行ってみよう!

【ショールームのフロアマップ】

 

LIXIL_tokyo_floormap.png

 

◎お電話でご予約 0570-783-291(ナビダイヤル)

※東京エリアのショールーム代表電話

 午前10時〜午後5時
【休館日】毎週水曜日(祝日の場合は営業)・夏期・年末年始

 

【アクセス情報】東京都杉並区下高井戸5-4-41

電車・バスでのご来館

・【電車】京王線上北沢駅北口より徒歩5分

お車でのご来館

・<練馬方面から>環状8号線中の橋交差点を左折。側道を直進約5分
・<瀬田方面から>環状8号線中の橋交差点を右折。側道を直進約5分

 

LIXIL東京ショールームについて.pdf [3133KB]

↓詳しくは↓

LIXIL東京エクスエリアショールームのホームページへ