対策!新型コロナウイルス感染の拡大防止…今できること

専門家会議の見解

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班が分析した内容に基づき検討した結果をまとめ、見解を公表しました。
 これによると、症状の軽い人から感染が拡大していること、これまでに国内で感染が確認された方のうち約80%の方は他の人に感染させていないこと、感染が確認された症状がある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤であること、北海道の感染状況の分析を明らかにしています。
 また、若者の皆さんに対し、重症化リスクは低いが軽症の若者の方が重症化するリスクの高い方に感染を広めてしまうことに警鐘をならしています。

全国の若者の皆さんへのお願い

10代、20代、30代の皆さん。
若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。
でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、
重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。
皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、
多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。

  

 国内の状況について 3月2日12:00現在
 厚生労働省ホームページでは
 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解を述べています。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html 
 

 ↓新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために

 000602323.pdfPDF:556KB)

 

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html

 ↑には下記の内容が述べられています。

 新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班が分析した内容に基づき、専門家会議において検討し  た結果をまとめた見解です。
 現在までに明らかになってきた情報をもとに、我々がどのように現状を分析し、どのような考えを持っているのかについて、市民に直接お伝えすることが専門家としての責務だと考え、この見解をとりまとめました。
 なお、この内容はあくまでも現時点の見解であり、随時、変更される可能性があります。

 

 野田市のホームページは→コチラ