「ふるさと納税」って!?

地方税法の改正で、ふるさと納税制度がはじまりました。
まだ、それほど浸透していないようですが〜
栃木県では、ナント!2億円の大口寄付があったとか。

「ふるさと納税」とは、新たに税を納めるものではなく、
ふるさと(自分が貢献したいと思う都道府県・市区町村)への寄付金のことで、
個人が5,000円を超える寄付を行ったときに、
住民税と所得税から一定の控除を受けることができる制度です。

 

寄付先の“ふるさと”には定義はなく、出身地以外でも「お世話になったふるさと」や
「これから応援したいふるさと」など、
各自が想う“ふるさと”を自由に選ぶことができます。
つまり、納税者が税金の納付先や使い道を指定できる、画期的な制度なのです。


「税額控除について」
地方公共団体(都道府県及び市区町村)に対して寄付を行った場合、
5,000円を越える部分について、通常の所得税や住民税の寄付金控除のほか、
住民税所得割額の10%を上限として、住民税の特例控除が行われます。


詳しくは、http://www.furusato-nouzei.jp/index.html